【スマートフォン・カメラ】取り付け簡単な安いスマホ用レンズ(セルカレンズ)を試してみた

title

僕のスマートフォンは防水ケースを使用しているので、ケースの上からでも簡単に取り付けられて、海中でアクティブに使ってもなるべく落ちないような魚眼・広角レンズを前々から探していた。

そんな中、某ショッピングサイトのポイントが中途半端に余っていたので、実際に買ってみることにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホ用魚眼レンズを探してみた

さて、いざ探すとなると何を選んでよいのか分からない上、値段もピンキリすぎる。

ちなみにあらゆるキーワードで探してみてわかったのだが、「セルカレンズ」や「スマホ用レンズ」や「自撮りレンズ」「iPhoneレンズ」などと、このレンズの市場で商品のキーワードが定っていないことに気が付いたので、一番意味の分からない「セルカレンズ」について軽く触れておく。

セルカレンズって何

“self camera” = “セルカ” = “自撮り” らしい。韓国での自撮りの呼び名だそうな。

ということは “セルカレンズ” = “自撮りレンズ” という認識でおkっぽいのでこれから調べる人は参考にして欲しい。

値段がピンキリ

これについては、本当にピンキリで数百円~数万円まで存在する。

使っていないので実際のところはわからないが、僕が素直に考えた場合、スマホ+数万円のレンズで撮影する程であれば、普通にカメラを持ち出すと思うので却下。

取り付け方式が様々ある

この手のレンズは、洗濯バサミの容量で固定するクリップ方式・磁石の受け側を本体に両面テープ等で貼りレンズを取り付けるマグネット方式など様々な固定方法が存在することも分かった。

クリップもマグネットも若干信用ならないが、マグネットのほうが海中などで落ちてしまいそうだったので、クリップの強力さを信じてクリップ式とした。もしだめならば強力クリップに改造すれば良いし。

ちなみにシリコンバンド方式・ケースがレンズの受け側になっている方式等もあったが、商品的にあまり好みではなかったので見送った。

スマホ用魚眼レンズが届いた

注文後4日経ってやっと届いた。

s_20151222102747639

内容は画像の通り。

  • 本体(右上)
  • 魚眼レンズのふくらみが傷つきやすいのでレンズ蓋(右下)がついているのがありがたい。
  • 本体用の柔らかい袋(中央)

横からみるとこんな感じ。実際にレンズが結構膨らんでいる。確かに傷つきやすそうだ。

s_20151222102747606

スマホに魚眼レンズを取り付けてみた

僕の場合は iPhone5s に 防水ケースCatalyst Case for iPhone を取り付けている。その上から取り付けたかったのでクリップ式にしたのだが、実際に取り付けてみると・・・。

s_DSCF3640

おおおお。これは。おお。うん、超いい感じだ。

ちなみにクリップは予想以上に固く軽い振動程度では簡単には外れないと思う。しかし、海中での使用にはまだ不安が残るので、今後改造していくつもりでいる。

セルカレンズ(魚眼)+ スマホで撮影してみた・比較画像

背面レンズで撮影

セルカレンズを使用して撮影

s_20151222102746890

若干ケラレてはいるものの、魚眼+スマホでは当然の範疇な気がするのでおkとした。

比較する為レンズを使用せずに撮影

s_20151222102747080

その差、歴然!

4隅のケラレている部分を回避する為、少しだけズームにして撮影

s_20151222102746996

多少ズームした場合でも、画角はレンズを使わない場合より圧倒的に広い。

内側(自撮り)レンズで撮影

セルカレンズを使用して撮影

s_jidori01

背景がよくわかるので素晴らしい。ちなみに内側カメラではケラレなかった。もはや自撮り棒がいらないレベルの画角な気がする。

比較する為レンズを使用せずに撮影

s_jidori02

証明写真?

(オマケ)ノートパソコンのWEBカメラにも取り付けてみた

クリップ式のレンズの利点はどんな機器にも位置が合えば使用できることだ。そんなわけでノートPCのWEBカメラにも取り付けてみた。

セルカレンズを使用して撮影

s_pc02

当然だがばっちり使えることを確認。

比較する為レンズを使用せずに撮影

s_pc01

またしても証明写真かと思った。

画質について

ここまでで、画角については圧倒的な差が確認されたわけではあるが、最後に肝心の画質について触れる。

像比較

正直なところ、僕が買ったレンズでは画質は捨ててよいと思う。歪むのはそういったレンズを買ったので当たり前だが、画像中央から周辺の像は、レンズ未使用時と比べてあまりシャープではないというのが正直なところ。しかし、数百円~数千円という値段を考えれば遊ぶのにはもってこいのレンズだと思う。望遠レンズであれば像にはこだわりたいが、広角な上スマートフォンでの撮影と割り切れば十分すぎる気がする。

また、僕の用途では釣り動画やサッカー動画等を延々と撮影する為、初めから画質を落として撮影しているので、問題は0だ。いや、0.5だ。

まとめ

一本あって損はないレンズだと思う。旅行時に背景も仲間も入れて自撮りするのにももってこいだし。防水ケースを使えばアクションカメラもどきにもなるし。ポッケやリュックに忍ばせておけば大活躍間違いない無しだ。

購入を迷っている人には、是非試しに一本購入して、自分にピッタリのレンズを見つけてほしい。

使いにくかった点

クリップ式はすぐ取り出して撮影する際に光軸を合わせるのに時間がかかってしまう。するとボケた写真が撮れてしまうわけだ。また同様に、一度セルカレンズとカメラレンズの光軸を合わせたとしても、何度か撮影を繰り返しているうちにずれてしまいケラレやボケが発生してしまう。

そんな場合は他のケースは取り付けられなくなってはしまうが、ケースごとレンズとして販売されている、ケースにねじ込むタイプを選ぶとストレスはそういったことは無くなるはずだ。