【ポケモンGO】スマホを持たずにモンスターやポケストップに気付く効率的かもしれない方法

この記事をシェアする

page160801

最近、Niantic社×任天堂でリリースしたポケモンGOで世の中が大いに盛り上がっている。良いニュースよりも悪いニュースの方がよく目にするけれど。

僕もゲームは大好きで、とりあえず何も考えずリリース直後にPokemonGo旋風に乗っかって見たが、実際にモンスターを探してみると、各地にある「ポケストップ」というスポットで自分や他の誰かによって「ルアーモジュール」というモンスターを呼び寄せるアイテムが使われていない限り、ポケモンがいる場所まで歩き回ることになることになる。

そしてこれが結構面倒くさい!

基本的に歩きスマホはしたくないし、たかだかゲームで車に跳ねられたくないし。モンスター出現時に振動で教えてくれる機能もあるけど、ズボン越しにキャタピーの振動を感じられるほど敏感なお尻は持ち合わせていないし。

だけどもだけど!意地でもスマホを持たずに画面も見ずにポケモンに気付いてやろうじゃないか!と思ったのもつかの間。既に公式からPokémon GO Plusとかいう腕時計型ポケモン探知機が発売予定だって・・。しかもスマホを操作せずに捕まえる機能もあるとかないとか。

160728_001

だけどこれ、どう考えても見た目的にサラリーマンには辛いものがある。絶対にいらないよね。

で、よく考えたら僕が普段使っている機器でスマホをポケットに入れたままモンスターもポケストップも分かるじゃん。ってことに気付いたのでまとめ。もう皆やってるのかもしれないけれど「誰でもわかるわ」とか冷たいことを言われてしまうと謝るしかないのでごめんなさい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PokemonGoPlusよりも汎用性が高いBluetoothイヤホンマイクを使ってみた

そう、僕はPCありきの仕事柄両手がふさがらないようにbluetoothのイヤホンマイクを使用している。これがまた当然通話はできるし音楽も聞けるし、僕の機器ではラジオまで聞けちゃったりする優れモノなのだ。

そんなBluetoothイヤホンマイクはスマホでプレイ中のアプリの音だって当然聞くことができる。
今回はそんな機能を利用して、ポケモンGOを起動したままポケットに入れたままゲーム内効果音によってポケモンやらポケストップに気付こう!そして車に引かれないようにしよう、という魂胆だ。

イヤホンマイクで実際にモンスターを探してみた

スマホとBluetoothイヤホンマイクをペアリング(接続・同期)したらポケモンGOを起動し、おもむろにポケットへしまい耳にイヤホンをセットしその辺を歩き回って30分強。

音がする度に立ち止まり安全確保した上でスマホを出し、モンスターボールを投げたりポケストップを回したりと色々やってみた結果、タマタマ・ドードー・マダツボミ・フシギダネ・ナッシー・鳩とモンスターボールを30個ほど手に入れることが出来た。

実際にやってみるとこれが結構快適で、慣れてくると音によって何を発見したかがすぐにわかるようになった。何よりも歩きスマホをしなくても安全に徘徊してモンスターを探せるのである。

ちなみに両耳が塞がってしまうのは怖かったので、モンスターを探すだけということもあり片耳だけ付けた。

どんなbluetoothイヤホンマイクがあるのか

じゃあ、元々生活上このような製品を使っている僕みたいな人じゃない場合、結構こういった機器を持っていなかったり、選び方を知らなかったりすると思うので、このへんなんかどうでしょうかって製品を少しまとめることにした。

選定基準は、このbluetooth機器でポケモンを探すだけでなく普段使いもできることを目的として「音楽を主に聞きたいよ」とか「今使っている好きなイヤホンを使いたいよ」とか、「防水が良いよ」とか色々あると思うので、それぞれの用途に応じてコスパ重視で選んでみた。モンスターを探すだけに特化するならPokemon go plusの方が100倍便利だし。

【ポケモンGO】モンスターのバイブに全く気が付かないからiPhone,Androidスマホ用bluetoothイヤホンマイクを値段別に探してみた

ランキング
この記事を気に入っていただけたら、よく使うランキングサイトのボタンをボチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ GyoNetBlog ランキングバナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">