【釣果報告】初心者が江戸川で鰻(ウナギ)を狙ってみたら結局色々釣れて楽しかった件1日目

この記事をシェアする

161020_ogp

千葉・東京の境目にある江戸川で鰻が釣れるらしい。

というか江戸川のウナギは恐らくほとんどの人が知っていると思う。大震災の影響による出荷制限やら制限解除云々も色々あるが、とりあえずウナギって本当に自分で釣れるのかワクワクで試してみた結果を報告してみるよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の釣りはこんなん

場所/条件

場所:江戸川某所

時間:20:00~24:00頃

天候:晴れ・無風

釣り方

投げ釣り

竿:いつもの遊び用バスロッド

仕掛け:道糸ナイロン3号+中通しオモリ(ナツメでも丸形でも良い)4号(流れが早くて竿が強ければ10号くらいまで)+シモリ玉(錘がサルカンを抜けなければ無くても良い)+サルカン+ハリス1~3号ナイロン+ウナギ針の適当なサイズ

餌:ミミズ(太いほど良いが小さければ房掛けでも釣れる)

釣り具説明_バスロッド-投げ

江戸川でウナギを釣ってみた

江戸川に行ってみた

当日夜から同行者と落ち合いそのまま現地へ直行。

今日は中潮で前回、前々回に引き続きド干潮手前。流れは結構あり、人は全くいなかった。本当に釣れるのかウナギ。心配になってきたぞ。

餌は現地調達

同行者からミミズの多い場所を教えてもらい2人で無心でミミズを掘り始めて10分。本当に掘ったら掘っただけミミズが出てきた!それもやたらと活きが良く跳ねまくる。ミミズって空飛べたっけ。まあいいや。これが結構楽しくて思わず童心に帰ってほっこりしてしまった。採れるミミズは小さいものも多いため房掛け用に多目に採取しておいた。

ちなみにドバミミズは買うとものすごく高いので、使う分だけ無料で採れて餌屋の時間を気にしなくても良い現地採取はやはり素晴らしい。それと、堀った土は最後にきちんと戻しておこう。

いきなりなんか釣れたよ

餌もたんまり採れたので、早速釣り座に着く。人が居ないのでどこでも釣り放題という解放感は最高である。魚が釣れるかどうかは別としてね。

さて、久々の投げ釣りはワクワクだ。ヘチ釣りと違って、ぶっこみ釣りは待っている間に多少時間が出来るので、携帯弄ったり釣り談義したり簡易バーナー持ち出して温まってみたりと色々と楽しむことができる。

仕掛けは簡易的なものなのであっという間に準備完了し早速投げてみた。駆け上がりは根がかりしやすいので少しだけ奥に投げよう。

で、ケミホタルをぼわーっと眺めること10分。

穂先ミョン

ミョン

ミョーーーーーーン

何かきたーー食ってるぅぅぅ。

で、合わせてみたところ結構重たい。若干バスロッドが折れそうになりながら陸にずるずる引いてきて、やっと顔を出したのはこのお方。

161020003

ニゴイである。

というかバスロッドが持っていかれそうで若干焦ったが、僕にとっては初魚種で幸先良し!

痛恨のバラシ

ボウズを逃れた僕は若干余裕をもって2投目に挑む。そこから待つこと20分、またしてもアタリが発生した。しかも今回はいきなりの

ミョーーーーーーン

である。

これはぁぁぁ、重たいいい・・あれ?スカスカだ。バラシたかぁぁ・・っ!!うおおおおなんか横に走ったり突っ込んだりするぅぅ。どらgドラグ!ドラグ緩めなきゃ!!

で、パニックから思い切りドラグを締めこんでみた。

ブチ

終了。

知ってる!そうなるよね!そうだよねドラグ締めちゃったもん。もうやだ。で、ふてりながら針つけなおして3投目。

何か食ってきた!3匹目

今度のアタリは小さく、ピコ、ピコ、ピコ、キュン、ピコ。という誘い上手ないつ合わせて良いかわからないアタリが続いた。

勿論僕はそんな誘いアタリに乗せられ、すぐに竿を手にとり合わせてみた。

お、いるな、あ!あーーやっぱり引っ張る!重たいよ。でもいきなり軽くなるよ!あーー重たいよーー。

161020002ヘラブナだった

うん、だめだバスロッド。気軽だけど江戸川の魚たちに対してはファイト盛り上がりすぎる。魔性の竿バスロッド。

ついに現れたか!?

ここまで2時間弱、ヘラブナからアタリは遠退いてしまい暇な上に寒くなってきてしまった。

うーん辛い。辛い、辛すぎるぞウナギ釣り!と思ったのもつかの間、同行者のアタリにべこーーんてアタリが出た。竿が暴れている。ちなみに彼はシーバスロッドだ。

しかし流石のシーバスロッド。彼によると余裕で引き寄せられるらしい。

さあ、何が釣れたかな?水面から飛び出したのは彼である。

161020001本命先輩ウナギさん!

やったーー!本当に釣れるんだ!本当に素人でも釣れるんだ鰻!焦って釣れた時の写真撮るの忘れちゃったよ!

本命が釣れることは幸せなことである。本当にうれしい。

最後に小物を追加

男二人でキャッキャしながら納竿に向けて準備。そんな間も竿だけは出していた。すると最後の締めに彼を追加。

161020004ちなみに殺処分云々は処分しても記事では報告とかしない。見ても聞いても微妙だろうしね。

というわけでブッコミのギャンブル的楽しみにハマりそうになりながら納竿。

今回の釣果

種類
ニゴイ
ヘラブナ
ウナギ
ブルーギル

まとめ

ブッコミ釣りは手軽で楽しい

小学生の頃以来投げ釣りやブッコミ釣りをあまりすることがなかったが、今回改めてやってみてこの釣りの楽しさに気付いた。アタリを待っている時間の余裕と何が釣れてくるかわからないギャンブル性が癖になる。また、何よりも仕掛けが手軽で子連れなんかでも楽しめる釣りだと思う。

底を引きずってくる投げ釣りはまた別だけれども。

ミミズ掘りが楽しい

釣り人にとって餌は宝物だ。だから実際に土を掘って餌が出てくる度に童心に還って喜んでしまう。

本命が釣れる快感と条件の良さ

本命が釣れたことは本当に嬉しかった。食べようが逃がそうが高級魚ウナギだ。本当に自分で釣れることを確かめられてよかった。と、あたかも僕が釣ったかのように喜んでしまう。

そして外道も良いサイズのものばかりでラインを巻くのが楽しかった。

これだけ多種多様な魚が釣れる場所な上に今回のようなお手軽仕掛けであれば、ウナギを狙っていなくてもまた来てしまいそうな場所だ。

ランキング
この記事を気に入っていただけたら、よく使うランキングサイトのボタンをボチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ GyoNetBlog ランキングバナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">