【釣果報告】内房・南房総方面・足元アジ釣り

この記事をシェアする

20100712そろそろ釣りレポートでも書いてみようかな、ってことで釣果報告だけのお手軽足元アジレポートを書くことにする。

というわけで、今回は千葉内房~南房総にある有名堤防での遊び釣り。釣りは全部遊びなんだけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の釣りはこんなん

場所と時間

千葉内房の港 16時~18時

釣り方

固定ウキ仕掛け
礒竿5.3m/1.5号に小さな固定ウキ付けて噛みつぶし錘アジ針つけるだけ
ハリスは1号ナイロン
冷凍庫にあったボイルオキアミSS1/2パック分
冷凍庫にあったコマセブロック250g 短時間なのでかなり少なめ

千葉内房の港でアジを釣ってみた

今回の釣りの発端は、休日をまったり過ごして昼食をぐだぐだ食べていたところ、家族が突然「今すぐ食べ物が釣りたい」と言い出したことだ。冷凍庫を確認すると、少量のコマセブロックとボイルオキアミSSサイズのパックが半分だけ入っていたので、午後からのドライブがてらに無難に千葉でもいくかと言うことになった。時間がないので大して準備もせず、最初から仕掛けがついていた礒竿を持っていくことにした。

というわけで都内から高速でテレテレと行き、港には15時半過ぎに到着。周囲は釣り人で賑わっていた。よく見るおじさん達も相変わらずいる。

いざ実釣

コマセは少量であったが、行きの時間だけでは溶けきっていなかったため、バケツに1センチに満たない少量だけ海水を汲んで、そこにコマセを開けて柄杓でマゼマゼ。とかやっているうちに日が落ちてきてしまったので、釣り座にコンパクト椅子を設置し適当にコマセを撒いてみると、ものの1~2分で上層をビュンビュンと泳ぐ小さなアジの群れが入ってきた。

20100712_001

これだけ小さいならサビキにすればよかったかなあとか思いながらも、一本針で地道に小さなアジを釣るのも結構楽しかったりする。竿先が震える度に「おー」と感動に浸っているとあっと言う間に辺りは暗くなり、アジの群れはすぐに去ってしまい短時間で時合終了。本当に時合だったのかなんなのかよくわからないが、楽しめたしアジが食べたいのでさっさと帰宅。

内房で釣れた小アジを食べてみた

今回行ったあたりで釣れる小さいアジは身が柔らかくておいしいので、僕はアジフライにすることが多い。だから今回も背開きにすることにした。包丁が下手くそなので、ぼろ布のようになってしまったが、そこはご愛嬌で。

20100712_002

早速、アジフライにして食べた。醤油で食べるのが最高に美味い。毎回食べ度に美味すぎて今すぐ釣りに行きたくなる。あまりに小さすぎて食べるところが少ないので、今回は中骨も食べられるようにした。色が黒いのは焦げたのではなく、写真の色が濃いだけであって、色々と言い訳させてほしい。

20100712_003

こんなに手軽に釣れるから、思い立ったときに行ってしまうのが千葉の内房だ。千葉はすごい!千葉は偉い!アジはもっと偉い!

ランキング
この記事を気に入っていただけたら、よく使うランキングサイトのボタンをボチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ GyoNetBlog ランキングバナー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事をシェアする

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">